Pスタンのグレネのレシピとか解説みたいのがなかったので書きました。
これが正解というわけではないと思うので参考程度に見てもらえると嬉しいです。
グレネ自体比較的安価な部類のデッキですので、これを機に実際に組んでみる方が増えると一層嬉しく思います。

デッキレシピ
8C26A978-BA1A-4CC9-9A99-FCD78D73DF91



構築について
ここからは採用理由について述べていきたいと思います。

パパっと簡単に書いているところもあるので分かりづらいところとかあればTwitterなりで聞いていただければ…

■G3
≪学園の狩人 レオパルド≫(新)4枚
メインG3。
究極超越コストの都合や、このカードを減らして他に採用したいカードもなかったので4枚。
ギフト持ち、ノーコス最大4アド、と文句のつけようのないG3だと思います。
しいて不満を述べるなら超越したいターンにライドした時にトリガー2枚落ちとかの場合ですかね…(割とよくあります
それでも、先攻G3ライド時はトリガーユニット・ノーマルユニットどちらが落ちても強いですし、そもそも超越したいターンに乗りなおすことが稀なのでそこまで気にならないです。

≪タレンティッド・ライノス≫3枚
ゾーアのおもちゃその1。
ゾーア以外にもアウリムの効果付与先にすると高パワーG0ガード制限付くのでこのデッキのリアアタッカーとしてはトップクラスの性能を誇ります。
みけさぶろーがいるので枚数減らしてもいいのですが、ダメ落ちやリアアタッカーとして複数枚欲しいということを考え、調整の末、この枚数に落ち着きました。

≪仰天博士 ビッグベリー≫2枚
5枚目以降のクレヨンタイガー。
クレヨンタイガーと異なり、ブーストがなくても良いため、アクセルサークルにおいても機能します。
また、アタックしたバトル終了時に効果が誘発するため、相手のリアガードを殴っても効果が使用できます。
みけさぶろー、ミニベリーからサーチが可能なため2枚。

■G2
≪クレヨン・タイガー≫
4枚
グレートネイチャーの中でも一番知名度のあるカードかもしれません。
ブーストされないと効果が使えませんが、CB1でリアスタンド・1ドロー・パワー+4000とやりたい放題やってくれます。
現状、このデッキを組む上で採用しない理由を見つけるほうが難しいと言ってもいいくらい。文句なしの4枚。

≪アーティスティック・オセロット≫4枚
みけさぶろー起動させるためのアタッカーその1。
このカード以外に後述のバイナキュラスタイガーや、バイカラーバグ、コンパスライオンなどが候補として挙げられますが、リアガードをアタックした時にも効果が誘発し、尚且つ、安定して効果が使用できるため4枚。
Pスタンでは使用する機会はほぼないと思いますが、Vがビッグベリーの時にCB1で1ドロー退却効果を付与することもできます。

≪バイナキュラス・タイガー≫(旧)1枚
よく確認されるのですが、新しいほうではなく、昔のほうです。
みけさぶろーを序盤に使用したいときにアーティスティック・オセロットのみだと少ないと感じたため1枚採用。
元々はこちらも4枚採用していたのですが、枠の都合や過剰に感じる場面もあり、調整の末この枚数になりました。
フィールドグラスオッターの枠を削って2枚にしてもいいかもしれません。要調整枠。

≪フィールドグラス・オッター≫1枚

ターンの終了時に達成状態だと手札に戻ってくるG2。
GB1で登場時、他のリアガードにパワー+4000とエンドフェイズ退却付与効果があります。
基本的にバラウールを使用する時など、アタッカーがすべて退却してしまい、アタッカー不足に陥る場面がありますが、エンドフェイズ時に手札に戻ってくるため、デメリットなしで他ユニットの恩恵を受けつつ、次ターンのアタッカーの供給も行うことができます。
序盤こちらが殴りつつ、場面から消えることができるので相手に点数止めをさせない点も優秀です。
3枚は多すぎるとG環境の時より感じており、今回デッキを組む際は2枚からスタートしましたが、こちらもバイナキュラス・タイガー同様、枠の都合などによりこの枚数に落ち着きました。要調整枠。


■G1

≪モノキュラス・タイガー≫(新)4枚
ゾーアのおもちゃその2。
トリガーユニットのみでのガード制限か守護者封じを行うことができます。
アタックかブーストをしてからの誘発になるので、相手の手札が多くとも運が良ければ落としたカード次第で、ノーガードを強要することができます。
自身のアタック時にも効果が使用できるため、アウリムの効果付与先にして高パワーで殴りつつ、クレヨンタイガーやビッグベリーでランダムガード制限連パンを行うことができます。
ガード値が高い点、レオパルドから設置できる可能性を高くしたいため4枚。

≪特別名誉助手 みけさぶろー≫4枚
G3サーチ要員。
その時の対面や、展開によって必要なG3パーツを持ってこれる、デッキの安定性をかなり高めてくれるカード。
優先ライドや究極超越のコストの都合でレオパルドをサーチしてくることが多いですが、アタッカー補充やゾーアフィニッシュに向けてビッグベリーやライノスをサーチすることもあります。
デッキからG3が消えない限り機能するため4枚。

≪矛盾教官 シェル・マスター≫4枚
G1完全ガード。
同名がドロップゾーンにいるとCC互換のやつです。
以前は引トリ完ガだったのですが、山から引き切らないと終盤のドライブチェックで捲れてしまいLOしてしまうこと、LOをケアするために他のカードの効果を十分に使えないといった場面が何度かあり、手札自体は比較的、増えるデッキであること、また、アウリムのドライブ増加で☆が捲れたほうがワンショットを狙える場面が増える点を考え、トリガーを☆12枚にしたため、G1完全ガードを採用しました。
Vがビッグベリーであれば、デリベリーを採用したかったのですが、ビッグベリーにライドする機会が稀なこと、ゾーアのコストや、ビッグベリー・クレヨンタイガーのおかげでCB1=+1パンが成立しているデッキのため、無難なCC効果の完全ガードを採用しました。
レオパルド効果で山から落ちるとそれまでに使用していなくてもCCできる場合もあるので、現状のこのデッキには最適なものだと思います。

≪ひたむき助手 ミニベリー≫2枚
シシルス互換。
みけさぶろーでG3サーチできるので超越コストには困りませんが、基本的にG3はアタッカーで使用したいものが半分以上のため、手札にミニベリーがある場合は、優先的に超越コストととして使用することが多いです。
また、GB2の状態で手札にライノスとモノキュラスタイガーがいると、相手のアタック時にアルミラージからミニベリー2体をコールし、ビッグベリー2枚をサーチしてくることで、返しのターンのゾーアに繋げることもできます。
上記のような使い方などもあるため2枚。
可能であれば枚数はもう少し増やしたかったカードではありますが、デッキは50枚で構成しないといけないので、2枚に収めることになりました。


■G0
≪ブラックボード・オーム≫1枚(FV)
スタンFV。
確実に1アドとれるFVであること、バラウールやモノキュラス、アウリムのGゾーンでの効果などを何度か使用する展開の場合、ソウルが足りなくなることもあったので採用。
バーサークやカリブムなどのこちらの場面に直接干渉してくる妨害を受けないのも採用理由の一つです。

≪キュアリアス・ポニー≫4枚(☆)

≪トライアングル・コブラ≫4枚(☆)
≪ルーラー・カメレオン≫4枚(☆)
☆は正義。

≪オートマティスム・コアラ≫4枚(治)
主にCCが目的。
少ないダメージでもゾーアに繋げたり、カウンターが増えることでパンチ数が変わってくるので旧トリガーを採用しました。


■Gゾーン
≪全智竜 バラウール≫3枚
メイン超越先その1。
序盤の点を抑えた展開をした場合など、相手に打点が通りやすいときに乗ります。
相手Vへのヒット時ドロー効果が強制のため、山が薄い時に乗ることは少ないですが、終盤はかなり高パワーパンプすることができるのでフィニッシャーになることもしばしば…
3枚採用していますが、3枚目を使用する機会が減ってきたので2枚でもいいかと思います。

≪極智竜 マーナガルム・アウルム≫3枚
メイン超越先その2。
ガチャガチャしてパワーパンプかドライブ増加を行います。
アクセルサークルにおいたライノスやモノキュラスタイガーをパンプして☆を捲りにいき、クレヨンタイガーやビッグベリーでスタンドさせてド突き回します。
4枚すべてがノーマルユニットでも10000パンプを4回振ることができるので、初回からでも高パワーで要求を取りに行くことができます。
下の効果もビッグベリーをコールすることでパンチ数を増やすこともできるので、Gオープンコストとしても優秀です。

≪全智竜 マーナガルム≫2枚
お守り。
ライノスと合わせるとプロテクトクラン以外は実質GGでしかガードできなくなります。
ほぼほぼライドする機会はなくなってしまったので、他のものに変えてもよいかもしれません。

≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫1枚
ライノスにモノキュラスタイガーを添えて投げつけましょう。
大体試合が終わります。

≪全智竜 アーヴァンク≫1枚
かげろうに焼かれるの嫌だなぁと思い、お守り程度に採用しました。
しかし、Vの打点は上がりはするものの、リアガードの打点が貧弱になり、みけさぶろーの効果も使用しにくくなるのでほぼ乗ることはありません。
イラストが割と好きなので1枚。(他のに変えていいです…)

≪全智竜 キルティムカ≫1枚
山の残り枚数が5枚以下など、かなり薄い場合に乗ることがあります。
山に4枚戻すのですが、3ドライブと1ドローで4枚消費してしまうので山の枚数自体は増えないことに注意しましょう。
戻すカードはトリガーユニットも戻せるため、3ドライブすべてトリガーということもできます。
達成25000と他の達成よりもハードルはちょっと高めではありますが、山切れで負けるくらいなら採用しておいて損はないと思います。

≪箱入りの令嬢 スパングルド≫2枚
一番使用することの多いGGだと思います。
1回のバトル中に複数枚使用することで、ガードに出したG3以下のカードの枚数×スパングルド分ドローすることができます。
これにより、一気に10枚以上ドローしたりすることで、ゾーアのパーツを集めることができたり、アクセルクランを中心とした連パンクラン相手にも守り切ることができます。
複数枚あれば山の枚数を調整してメガローマ効果でターンスキップを狙うこともできますが、今回はメガローマを採用していないため2枚。

≪金城の首席 アルジロー≫1枚
ユニットのいないリアガードサークルが3つ以上あればノーコス25000ガード値になります。
自身の効果でユニットを退却させることもできますが、アクセルサークルが追加されること、エンドフェイズ時に退却するユニットが多いため、ほぼノーコスで25000ガード値として運用することができると思います。

≪全智竜 アルミラージ≫1枚
手札から2枚スぺコできるGG。
ノーコスズィーゲン絶許警察になることができます。
前述のとおり、ミニベリーを2体コールすることでゾーアに繋げることができます。

≪永世教授 サンカルパ≫1枚
個人的にスパンクルドの次に使用する機会が多いGG。
CB1でVとRのユニット1体に空きリアガードサークルの数×4000パンプし、選択したリアガードのパワーが20000以上なら1ドローすることができます。
アクセルサークルが追加された状態で、リアガードが1体のみの場合は20000パンプされるため、確定1ドローとなります。



他に採用候補だったカードなども紹介したいのですが、MHWもやりたいので今回はここまでということで…
TwitterなどでDMやリプ飛ばしていただければ自分のわかる範囲で答えたいと思うので、ご連絡ください!



それでは!