プレミアムなスタンダード(仮)

ヴァンガードのプレミアムスタンダード(Pスタン)について、有志で集まって書いていくブログです。 主にデッキレシピ、大会レポ、カード考察とかを掲載する予定です。

TOP

ようこそジプシー、ヴァンガードの魔境へ。

ヴァンガードがスタン落ちを採用して以降、大多数がプレイしているスタンダードに対していまいち盛り上がりに欠けるプレミアムスタンダード、通称Pスタン。
本ブログはそんなPスタンを盛り上げるため、Pスタンが好きな有志が好き勝手に書き散らかすブログです。
Pスタンをより研究したい人、Pスタンをやってみたいけどあと一歩踏み出せない人、そんな人たちの一助になれることを願って。

執筆者一覧
・なっくらー(管理者) @Mark_O08 自己紹介
・ていね @Reach_Origin 自己紹介
・アマレノ @amane_lenon 自己紹介
・and more…


当サイトに使用しているカード画像は、カードファイト!! ヴァンガード公式ポータ ルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。 (C)bushiroad All Rights Reserved.

全速前進ヨーソロー! 新・蒼嵐艦隊!



全速前進ヨーソロー!



ってなわけで、今回はメガラニカ3クランのうちの一つ

アクアフォース

のデッキレシピを!!しょーかい!




image1

image0 (1)


Gゾーン

蒼嵐砕竜 エンガルフ・メイルストローム ×1

波濤帥将 アレクサンドロス ×2

蒼嵐旋竜 ディザスター・メイルストローム  ×2

嵐を統べるもの コマンダー・サヴァス ×2

天羅水将 ランブロス ×2

慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス ×1

決意の激流 ヴァレオス・リヴァイブ ×1

ライトエレメント アグリーム ×1

蒼嵐障竜 アイスバリア・ドラゴン ×1

蒼波鎧将 ガルフィリア ×2

天水護将 イオアネス ×1


G3 9枚

蒼嵐覇竜 グローリー・メイルストローム(アクセル) ×4

蒼嵐竜 メイルストローム(アクセル) ×3

蒼嵐覇竜 ロードリィ・メイルストローム ×2



G2 15枚

メタルカット・セイラー ×4

潮騒の水将 アルゴス ×4

タイダル・アサルト(旧) ×3

蒼嵐兵 エルダモス ×3

高まる波紋 パヴロス ×1


G1 9枚

ストームライダー ニコロス ×4

ホイール・アサルト ×2

閃く波紋 オデュッセウス ×2

静かなる波紋 ソティリオ ×1


G0 17枚

士官候補生 エリック ×1(FV)


蒼嵐水将 デスピナ ×1
バトルシップ・インテリジェンス ×3
直撃のブレイブ・シューター ×4


翠玉の盾 パスカリス(守護者) ×4


虹色秘薬の医療士官 ×4





デッキレシピのリンク挿入だけで滅茶苦茶時間使ったので、もうここで記事を終わりにしたい細丼だよ。


解説は、まぁ、一応しますねw






【テーマ】

メイルストロームがアクセルを得たことで乗りなおしてサークルを増やしつつ
エンガルフのクリティカル2ガード制限でおまえは〇ぬ!!




ええっと、まぁ、大雑把に言うならばこういうテーマです。


とかくメイルストロームであることに拘ったデッキとなっております。


波紋システム、エルダモスの搭載によって先3でグローリーメイルフルパワーをお見せすることも可能です。



【立ち回り】

序盤の立ち回り方として、G1がかなり少なめになってるのでマリガンは1を引きに行きます。2は基本的にメタルカットに乗りたいのでそれ以外は返しちゃってヨーソロー


1に乗るターンにニコロス、オデュッセウス、なんか適当に出せるやつ
を持ってると素晴らしいです。

ニコロスにライドして、オデュッセウス効果起動
ソティリオに乗りなおしてもう一回ニコロスチャンスが回ってきます。

なるべく、これでアルゴスを1枚は抱えたいところ。

ホイールに乗った場合は無理にオデュッセウスを使わなくても、ダメージを受けて1枚2のライドで減った札を取り返しに行きましょう。


2を多めに握ったら、基本的に殴りまくります。

アクアフォースというクランは後半にならなければ、超越ユニットが強くなってくれないので基本的には超越前で相手を倒すというのも視野に入れます。
最近の超越ユニットは初回からパワーがおかしいので、先に相手にダメージを叩き込むか手札を削っておかなくては勝利に結びつきません。


前のターンでソティリオを仕込めていれば、パヴロスに乗りに行ってメタルカットかアルゴスを吐いてパワーを上げたいところですね。

いっぱい殴って相手のダメトリが出ないようにちゃんとお祈りしましょうね


G3は先行ならばメイルストロームに乗りたいところ
また、グロメと何か別のメイルを抱えていて点が詰まっていればグロメも視野でしょう。

オデュッセウス、エルダモスを引けていれば、先3からグロメフルパワーをお見舞いできます。
(なお、返しのケアは十分注意すること)



【超越の選択肢】

まずはCBがある場合
アレクサンドロスが第一候補です。
さすが、究極超越で出たカードだけあって普通に強いです。
旧タイダル・アサルトの自動能力を使うタイミングをずらしてヴァンガードに連続攻撃を仕掛けてやりましょう。トリガー出るとなおよし!

また、次回超越でロードリィに乗りたい場合やソウルのメイルを貯めて次のターンにはエンガルフで仕留めに行く場合はディザスターが良いでしょう。

手札が重く、次の相手の超越を耐えられなさそうならヴァレオスでハンドを入れ替えます。
幾分かマシになるはず


CBがない場合

アクセルサークルを出していればランブロスでも十分視野です。
また、コマンダー・サヴァスでごまかすのも一つの手。

殴れる札がないことはあまりないように作ってはありますが、どうしても殴るカードがないときに役立ちます。


フィニッシュ

エンガルフは、最悪2枚ソウルにメイルが入れば1と0をガードに切れなくなるので
状況を見て相手がヒールトリガーを持ってないと判断できれば打っちゃってもオッケーです
最悪、Gガーディアンが飛び出てきても、今はトリガーのパンプ値も10000なのでぶち抜ける可能性はあります。

あとは、Gゾーンの枚数があいていればアレクサンドロスで連パンが良いです。
あいつやっぱ万能じゃないの……。


ウェイリングはG1守護者が減ってかなり向かい風ですが、焼きも入るので使うときは使います。


【まとめ】

アクアフォースPスタンは結果、アレクサンドロスをどれだけうまく使うかにかかってるとはよく言われましたがしんじつかもしれないので追求しすぎるのはやめようと思います(怠惰)


あと、波紋システムはやはり最強なので

ぜひ、メイルではないデッキでも遊んでみてください。

ディアマンテスに乗ってオデュッセウスを使うとミルティアディスがVに立って
アクセルサークルにさっきまでヴァンガードとして立ってたディアマンテスが居る……

なんてことも出来るので。



【改築案】

サーベルフロー・セイラー

バブルエッジ・ドラコキッド

この辺りを入れて手札を増やしながら、相手の攻撃を流してエンガルフ、アレクサンドロスにつなげるという手もありますね!

まだまだ、研究のし甲斐がありそうです!



それでは、皆様、良きPスタンライフに向かって!

全速前進ヨーソロー!!!





Pスタン記事を動かす細丼和也

皆さん、初めまして。

アフリカ座という劇団に所属しております。
細丼和也と申します。



0[2]
最近低更新気味のプレミアムなスタンダードを動かすため意気揚々と文字をタイプしている次第です。
以後、お見知りおき頂けましたら幸いでございます。


私の人となりを知りたい場合はTwitter ID @hosokazu1 で検索してみてください。大体そこに書いてあることが全てです(笑


さて、なにやら恒例のQ&Aがあるようなので書いておきましょう。


Q.ヴァンガード歴はどれくらい?
A.ケロケロエースの付属デッキからスタートしてるのでかなり古参のヲタクです

Q.使ってるクランは?
A.バミューダ△ グランブルー アクアフォースが主です。メガラニカの人と覚えてね

Q.実績は?
A.年間舞台を5~6本出演。今年2019年6月には初めての主演を勤めました

え?そっちじゃない?? 実績は?としか聞かれてないんだからこう答えるしかないでしょ!!!


Q.どこ住み?てかLINEやってる?
A.秋葉原、神保町、御茶ノ水大好き!会ったやつにはLINEと舞台の布教をするから、来てくれよな!!

Q.ハンネの由来は?
A.芸名なんだけどね

Q.あれ、質問ってこんなもんだっけ?
A.お前が疑問に感じるな!!! まぁ、みんなの自己紹介見てたらこんなもんか。

取り合えず、先日某所にて行われたミッドナイトPスタンという交流会のイベントがありましたので、早速細丼も参加してきました。

ここからの細丼の記事はその交流会にて使用した3クラン
もちろん、バミューダ△、グランブルー、アクアフォースの3デッキについて紹介していこうと思います。


まぁ、ほら、写真撮ったり、レポートまとめたりするから時間がかかるのはご愛敬な。

ではでは、また、次の記事でお会いしましょーねーん!

第三回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ


FGO福袋は沖田さんだったかにみそです。

(水着沖田さんははたして来るのだろうか…)


というわけで、前回に引き続き、浅葱VGCSに参加してきました。
結果は3位でした。
以下、使用したレシピとレポになります。


■使用したレシピ
クランは前回同様【グレートネイチャー】で、レシピは以下のものです。
E2EF0D91-85A6-497A-867D-0F6AC1AC7FB6
前回とほとんど同じで、
out:全智竜アーヴァング
in :永世教授クンダリーニ
となってます。

グレネの解説記事でも書きましたが、アーヴァングに超越する機会が少なかったので、どうせお守りにするならもうちょっと使う機会があるのに変えようかなとクンダリーニに変えました。
(なお、変えたところで結局一回も使いませんでした…)


■対戦カード
対戦カードは以下の通りです。
予選
一回戦 バミューダ○ 先
二回戦 シャパラ × 後
三回戦 かげろう ○ 先
四回戦 メガコロ ○ 後
五回戦 ゴルパラ ○ 先

本戦
一回戦 予選四位通過でシード
二回戦 ディメポ ○○ 先先
準決勝 ゴルパラ ×× 後先
3決  ゴルパラ ○×○ 後後先

3位


■大会レポート
一回戦 バミューダ△ ○ 先 (もるがなさん)
初戦はバミューダ△でした。
終盤になるにつれ、エリーのガード値が高くなり、こちらのゾーアなども簡単に防がれてしまう対面であること、初手にG3がなく、G2の段階でみけさぶろーを複数体誘発できる手札であったため、序盤から殴りにいきました。
幸いトリガーが捲れたこともあり、この時点で相手の治トリガー含め、消費させることができたのは大きいかなと思います。
先にシャンディーに超越されるものの、こちらの点数を抑えていたこと、シャンディーのスペコ込で3パンしかされなかったため、うまく受け切って返しにアウルム+ライノスをクレヨンタイガー2体で起こして殴りきって勝ち

二回戦 シャドウパラディン × 後 (そらまめさん)
2戦目はシャドウパラディンでした。
基本的にシャパラ相手は点数を1点も与えずゾーアを狙いにいくのですが、
①相手G1ライドエスラス、Rにネヴァンスタート
②返しにネヴァン殴り
③相手G2ライドそのまま横広げずに殴ってターン終了
と、ここまでは良かったのですが、こちらのG2ターンにライドするG2以外残りの手札がすべてG3で横に出せるユニットがおらず、相手Vのほうが打点高く殴ったところトリガー乗って1点入ってしまう結果に。
さらに返し相手G2再ライドし、治トリガーを捲くり点数消えるも、返しのターンこの瞬間だけサボテン並のIQになってしまい、レオパルド効果で☆+15000乗った状態で相手に2点与えてしまいました。
その返しのターン手札投げうっての儀式10を達成したモルフェッサが飛んできて、手札に完ガ、治トリガー握れずそのまま押し切られてしまいました…
ぅゎモルフェッサっょぃ
(一回はこういう謎プレイして負けてる気がするのでなくしていきたいですね…)

pexels-photo-1606071
(ちなみにサボテンのIQは2だそうです…)

三回戦 かげろう ○ 先 (涼太さん)
3回戦はかげろうでした。 相手のライドユニットが基本スタンのカードということもあり、こちらの攻撃のほうが打点が低く、点数を与えることなく試合を進めることができ、相手に点数を与えることなく、相手の超越ターンを迎えました。
CBがなかったこともあり、相手の初回超越はオバロパージでした。
オバロパージのテキストで1点バーンを受けるもその1点をスパングルドのコストに使用し、大量ドローを行い、完全ガードの効果でCCをすることで返しのゾーアに繋げ勝ち。

四回戦 メガコロ ○ 後 (ティーさん)
4回戦はメガコロニ―でした。 お互い緑のクランということもあり、相手のゾーアを意識しつつの試合になりました。 相手の初回超越のグレドーラにより、こちらのGGが制限されたことでゾーアの究極超越条件であるGB3の達成が遅くなり、やや厳しい展開に…
こちらはアウリムに超越し、ドライブ増加と連パンによるワンショットを狙いつつゾーアのパーツを集めることにしました。
その返しゾーアが飛んでくるかと思いましたが、まだ相手側はパーツが揃っていなかったらしく、こちらのゾーアケアのためのオプティランドスに超越。
オプティランドスの攻撃を防ぐも、返しこちらも大して動くことができず、アウリムでGB3を達成させ、ターンを返す結果になりました。
3超越目にもなると、こちらも大して手札を消費する展開にはならなかったこともあり、トリガー数値だけでゾーアを止められる段階まで来ていたため、こちらのゾーアをGGなどで防がれるという可能性も考え、ここでゾーアが打たれたほうが助かったのですが、どうもパーツが揃いきっていなかったらしく、このターンはグレドーラに超越。
こちらの手札の枚数もある程度増えていた点、ゾーアを警戒してあまり点が与えられていなかったこともあり、相手の攻撃を受けきって返しにライノス+モノキュラスゾーアを決めて勝ち。

五回戦 ゴルパラ ○ 先 (ポテパンさん)
5回戦は予選で当たらなければラッキーかなと思っていましたが、やっぱりあたるゴールドパラディンでした。
じゃんけんを勝つことができ、先攻をとれたので何とかなるかなと思いつつも、気付いたときにはこちらG2、相手G3になってました…
相手の初回グルグウィントヘリオスだったこともあり、手札の完全が切れない状態でしたが、受けトリガーが出たこともあり、なんとかこちらの超越につなぐことができました。
返しバラウールに超越し、クレヨンタイガーなどを合わせて手札を増やしつつも相手を6点まで入れることができず、返し相手ウルティマに超越。
横に広げつつ、殴ってきたところスパングルド×2で札を増やすも、ドライブチェックで☆☆治が捲れ全てノーガードが言えない展開に…
幸いスパングルドのドローでトリガーと完全ガードを引くことができ、手札残りG3が5枚だけになりつつも、ぎりぎり守ることができ、返しにライノスゾーアを投げつけて勝ち。

本戦
一回戦はシードでした。
隣の部屋でやってた縄文土器展見たりしてました。
なんか徳が高まった気がしました(KONAMI感
実際とても静かで見ていて飽きない不思議な魅力があったのでとても満足のいく展覧会でした!
またこういう展示見に行きたい…


二回戦 ディメポ ○○ 先先 (JIOさん)
動画卓でしたのこちらを見てもらえると…!

ダイカイザーBRダイライナーウルトラパンチを狙う感じのデッキでした。
(試合後少し話をしたところ点数詰まってなかったら超越も行うデッキでBR特化というわけではなかったそうです)

ターン長引かせてもこちらの完ガやガード値が切れてしまうと考え、序盤から攻めていくことにしました。
手札にみけさぶろーもいたこともあり、G3揃えながら殴り切ることができました。
3点止めという選択もあったのですが、G3までに☆トリガーである程度点数が詰めることができたこともあり、素直に点数詰めて初回超越で倒し切ることにしました。
あと一本目のG3ライドターンのアタックですが(動画で言うなら4:00〜あたりです)、Vのあとは☆3のリアから殴るべきですね…
案の定ダメトリ乗った上にみけさぶろーを無駄にするプレミ…
ほんとこいつ何回プレミするんだ…
何はともあれそんな感じで1本目勝ち。
二本目も1本目同様、先行でかつある程度序盤から攻めることができたので初回超越をキルターンに据えて勝ち。

準決勝 ゴルパラ ×× 後先 (くろさきさん)
準決勝も動画卓でしたので見ていただけると…
あと動画の15:45~のところでアウルムで+3ドライブ・10000パンプのところドライブチェック時に+4ドライブでプレイしていました。
対戦相手のくろさきさんをはじめ、本当に申し訳ないです…
今後、同じことがないように気を付けたいと思います。

(今ならいつぞやの名取さなの気持ちがすごくわかる気がする…)

すまんです!ごめんなさい!!!



前回の浅葱同様準決でくろさきさんと当たりました()
結果言うならぅゎくろさきゴルパラっょぃ…って感じでした
R裏のホルサがめっちゃ強く、V以外のラインが大体3〜4万くらい
(後に聞くところではV裏に出してグルグウィントヘリオスが10万超えるとか超えないとか…)
になって受けトリガーにあまり左右されなくなるのが強力でした。 ゾーアを打つもすれいみーふれあ×2+インセプ
(こちらの場面触れてこないクランだしガー制してるなら先にインセプ消そうね(  ˙-˙  )…)
で守りきられてしまうしで、完敗でした…

3決  ゴルパラ ○×○ 後後先 (ポテパンさん)
一本目は先攻を取られをしたものの相手がG2アシストを外し、そのまま殴りきって勝ち。
二本目は順調にスペライを決められ、こちらG1のときにワンダーワンダー決められ、ダメージトリガーも1枚も乗らずそのまま押し切られて負け
正直手札のガード値がトリガー1枚とかのレベルだったのでダメトリ1枚程度だと止まったか怪しかったですが…
三本目、こちら先攻を選択。
相手手札がそれほど強くなかった様でボーマンライドするもののこちらに超越されるとかなりキツくなりそうだったとのことでブロンドエイゼルにスペライせずに先超越できるようにG1〜G3まで通常ライドでした。
初回超越グルグウィントヘリオスに襲われるものの、サンカルパやスパングルドで守りきり、返しバラウールに超越し、そのまま殴りきって勝ち


危うい場面やここに書ききれないくらいプレミがあったりもしましたが、なんやかんやで3位になることができました!
前回よりは順位だけ見れば上がったので多少は成長?したのかなと思います
今日は幻馬再臨発売日ということでまた様々なデッキが研究されるということで楽しみです!

それでは今回はこのへんで!

第二回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ

こんにちは、かにみそです。
7/1に開催されました第二回浅葱VGCSに参加してきましたので、そのレポと感想について書いていこうと思います。(今更

まずは、結果から述べると【グレートネイチャー】を使用してベスト4でした。

対戦カードは以下の通りです。
予選
一回戦:シャパラ   〇
二回戦:グランブルー 〇
三回戦:かげろう   ✕
四回戦:ネオネク   〇
五回戦:ゴルパラ   〇
4-1上がり

本戦
一回戦:シャパラ 〇〇-
二回戦:かげろう ✕〇〇
準決勝:ゴルパラ ✕✕-
3決 :ペイル  ✕✕-
ベスト4

使用したデッキはこちらの記事に上げています。

大会レポート
1回戦 シャドウパラディン(ルアード) 〇 後攻
初戦はよく遊ぶ仲のさすらいさんのシャドウパラディン(ルアード)でした。

シャドウパラディン対面は≪タレンティッド・ライノス≫≪モノキュラス・タイガー≫によるガード制限コンボによる≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫が通りやすく、
大ヴァンガ祭やGP AKIBAでもよく当たることが多かったですが、ほとんどの試合を≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫を通して勝ちに繋げていることもあり、今回の対面でも≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫を通すルートをとって勝ち。


2回戦 グランブルー(ナイトローゼ) 〇 先攻
次はグランブルー(ナイトローゼ)でした。

初戦のシャドウパラディンとは異なり、≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫のアタックが≪夜宴の大呪術師 ネグロリリー≫の効果で≪お化けのどるふ≫を釣り上げることで止まってしまったり、≪招来の幻妖術師 ネグロノーラ≫を2枚使用し、それぞれ治トリガー(新)と適当なG1(新)を釣りあげてくることによりガードされてしまいます。
また、直前に治トリガーが捲れていたことや、初回超越の≪お化け大皇帝 びっぐおばだいあ≫の効果により、ドロップゾーンに完全ガードや10000ガード値が溜まっていたこともあり、この試合では≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫による勝利するプランを取らず、ビートダウンによる勝利を目指すプランを目指すことにしました。

3ターン目まで相手がこちらの攻撃をガードしていたこともあり、返しターンの≪お化け大皇帝 びっぐおばだいあ≫のCBコストなどがない状態だったため、アタックが通りやすいと判断し、初回超越≪全智竜 バラウール≫で手札を増やし、2超越目の≪極智竜 マーナガルム・アウルム≫の10000パンプと6ドライブで捲れた、☆2枚を≪タレンティッド・ライノス≫に乗せ、≪クレヨン・タイガー≫≪仰天博士 ビッグベリー≫で連パンさせて勝ち。


3回戦 かげろう ✕ 先攻
 相手G1アシスト(≪サーベル・ドラゴニュート≫ライド)スタート。手札確認した時点で≪ドラゴニック・オーバーロード≫≪ワイバーンストライク ドーハ≫≪バーサーク・ドラゴン≫≪ドラゴンダンサー ターラ≫とかだったと思います。
序盤わざわざCB与えたりヒット通して≪サーベル・ドラゴニュート≫≪バーサーク・ドラゴン≫でドローされるのもアホらしいので点を与えず、可能な限り貰わずに徹することにしました。

ただここで一つよくない癖が出てしまい、G3先乗りした時点での手札が≪オートマティスム・コアラ≫×2、≪タレンティッド・ライノス≫≪モノキュラス・タイガー≫etc...みたいな感じで適当なGG→≪箱入りの令嬢 スパングルド≫である程度ドローしつつ、≪学園の狩人 レオパルド≫が引き込めれば初回超越≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫の選択肢が生まれており、上振れを取りにいってしまいました。(場面も手札も勝っていたのでわざわざリスク犯して取りに行く必要はなかったんですよね…)

結果的には、1回目の≪箱入りの令嬢 スパングルド≫から治引いたので直後の攻撃も≪箱入りの令嬢 スパングルド≫を使用するも究極超越コストの≪学園の狩人 レオパルド≫もアタッカーも引けずというかなりしょっぱい展開になってしまいました。

当然の事ですが山の全てを引きにいけるわけでも、直前のターンに≪特別名誉助手 みけさぶろー≫を使っての確定サーチもなかったので、わざわざリソース枯らして負け筋作るようなリスク取ってまで行うプレイじゃなかったと思います。

そんなわけで順調に≪炎熱竜将 ダムジッド・ヴァラー≫に殴られて負け(良くない負けですね、ほんとに…) 


4戦目 ネオネクタール 〇 後攻
 序盤から≪タンポポの銃士 ミルッカ≫≪パンジーの銃士 シルヴィア≫などによりトークン生みながら3パンされ、こちらのG3ライドターンにはすでに4点もらう展開。

こちら側は対照的に、アタッカーが引けなかったり、相手のスタンのカード群の基礎打点にわからされ、良くも悪くも相手が0点の状態で初回超越を迎えました。
流石に相手もCBコストの都合上、多少の点数は通してくれそうだった点、≪学園の狩人 レオパルド≫のcip効果も噛み合いクレヨンタイガーを2面並べられたので、初回バラウールで札を増やすルートを取る事にしました。

返しにグリンカトリーナによる高打点5~6パンチされるも、≪箱入りの令嬢 スパングルド≫で手札増やしながら守りきり、ガー制≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫投げつけて勝ち。


5戦目 ゴールドパラディン 〇 先攻
気合のじゃんけんで先攻を勝ち取るも、1点から≪双聖獣 ホワイトライオン≫≪戦場の嵐 サグラモール≫≪真実の聴き手 ディンドラン≫ワンダーワンダーワンダーWonder Wings 連れてゆくよ~♪

20131013_02


≪黄金竜 スピアエクス・ドラゴン≫「来ちゃった♡」

って感じで≪黄金竜 スピアエクス・ドラゴン≫が連れてこられました。

序盤もらう打点を最小限に抑えていたこともあり、受トリガーも出たことで何とか受けきり、初回超越≪全智竜 バラウール≫で札を増やしに行く展開に…

返しの≪黄金竜 グロリアスレイニング・ドラゴン≫≪箱入りの令嬢 スパングルド≫で札を増やしつつ防ぎ切り、≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫を投げつけて勝ち。


予選4-1で決勝トナメへ

1戦目 シャドウパラディン 〇〇-
予選と同じく決勝トナメも始まりはシャドウパラディンでした。
G2の≪ブラスター・ダーク≫のツインドライブでクリティカル捲られるも、初回超越の≪全智竜 バラウール≫≪箱入りの令嬢 スパングルド≫で札増やして≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫投げて勝ち。
2本目も1本目と先攻後攻が入れ替わっての展開でしたが、基本的に1本目と同様に札を増やして≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫投げて勝ち。


2戦目 かげろう ×〇〇
1本目はG1アシストスタートし、3フラしてしまい、ガード値少ないところに≪炎熱竜将 ダムジッド・ヴァラー≫飛んできて負け。

2本目先攻選択。
相手が≪バーサーク・ドラゴン≫の効果を使い、その後のドライブチェックで治トリガーが捲れ、そのまま0点から点を与えることなく、2超越目に≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫投げて勝ち。

3本目後手
2本目同様に点数抑えるも≪ドラゴニック・バーンアウト≫で毎ターン場面を焼かれ、≪リザードジェネラル コンロー≫のCCによってなんやかんやで展開を許してしまいました。初回はダムジットでしたが2超越目にきたのは

638B72A5-87A7-4071-87F7-6B28E528FF78

やっぱズィーゲンでした

ノーコスVスタ殴るたびにCC2は強い(確信

手札に完全ガード抱えていたので完全ガード→GGで守り切り、≪ワイバーンストライク ドーハ≫がトリガー乗っていたりで結構ガード値危なかったですが、なんとかターンもらって≪死苑のゼロスドラゴン ゾーア≫で勝ち


準決 ゴールドパラディン ××ー
一本目後手スタート。
こちらG1の時に≪双聖獣 ホワイトライオン≫から≪戦場の嵐 サグラモール≫≪真実の聴き手 ディンドラン≫などから≪黄金竜 スピアエクス・ドラゴン≫降臨。
≪風炎の獅子 ワンダーエイゼル≫≪レーブンヘアードエイゼル≫など絡んでいたこともあり、アクセルサークル4つに…(死亡)

ありえんパラディンの覇気の前にやられてしまったのか、≪黄金獣 ランペイジタートル≫を守り、その他を通すというプレミをし、余計に手札を切ったことにより、返しのターン大して動けずに負け。
(こればっかりは自分でも何故そんなことしたのか分からない…)

二本目先攻選択。
先攻選択し、順調にライドできたものの、札噛み合わず初回の≪黄金竜 スピアエクス・ドラゴン≫でリソースかなり削られて、ジリ貧になって負け。
Pスタンのゴルパラらしいゴルパラを分からされました…


3決 ペイルムーン ××ー
最後はペイルムーンでした。 
一本目、先攻取ったもののG1アシスト失敗し、ペイルムーンお得意の連パンもらって何か起こるわけでもなく負け。

二本目、お互い順調にG3までライドしたはいいものの治トリガー引き込めず、ガード値薄いところに≪怪夢の大奇術 ダークロード・プリンセス≫飛んできて、そこから≪仮面の奇術王 ハリー≫≪ナイトメアドール ありす≫≪ナイトメアドール れすりー≫の連続パンチ止められず負けてしまいました。
(一回くらい超越したかった…)

正直、ペイルは対面経験が少なく、≪怪夢の大奇術 ダークロード・プリンセス≫≪仮面の奇術王 ハリー≫≪ナイトメアドール れすりー≫が強いくらいの認識で展開など理解できていない面があり、知識不足だったのが一番の反省点かなと思います。 
初回の超越も爆発力が高く、先攻取った場合でもG1からG2のライドを1回スキップしてでもこちらが先に超越すべきだったのかなと思いました。
 

こんな感じで結果はベスト4止まりでしたが、様々クランのデッキと対戦できたのはとても良かったのかなと思います。
GP AKIBAなどではバミューダや オラクルが多い印象があり、当日もそのどちらかとは何回か当たるのを見据えてゲームプランなど考えたりしていましたが、蓋を開けてみたらどちらとも当たらず、少し肩透かしをくらった気分ですが、あらかじめ考えていたゲームプランは他クランとの対戦時にも役に立ったのでよかったです。

(今度はもっと早く記事上げます…)

それでは!
ギャラリー
  • 全速前進ヨーソロー! 新・蒼嵐艦隊!
  • 全速前進ヨーソロー! 新・蒼嵐艦隊!
  • Pスタン記事を動かす細丼和也
  • 第三回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ
  • 第三回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ
  • 第三回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ
  • 第三回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ
  • 第二回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ
  • 第二回浅葱VGCS 大会レポート ver.かにみそ